ストロライトの特性/シリカと硅肺病/粉じんと環境安全

■ストロライト(十字石)の特性

●均一なホワイトメタル仕上げが可能
 ストロライトは丸みがあり、粒子が小さく整っているので、仕上がり面の粗さが均一でなめらか。
 ホワイトメタル仕上げが比較的容易に行えます。

●コーティングの接着性が良い
 2mils(50ミクロン)~3mils(75ミクロン)前後の粗さを保てるため、十分な塗膜の付着力が得られ、かつ
 粗すぎることもないので、塗料の無駄がありません。

●高品質のライニングが可能
 残留した研掃材がライニング材と反応して気泡を生じたり、鉄粉や塩分が仕上がり面に残留して
 サビを生じさせたりする心配がありません。

●粉じんの発生が極めて少ない
 硅砂を使用したタンク内ブラストでは、ブラスト開始後約5分で粉じんがタンク内に充満し、視界が
 4m以下に低下してしまいます。
 これに対して、ストロライトは粉じんが少なく、沈降速度もはやいので視野を確保することができ、
 良好な作業環境が保てます。

●遊離シリカの含有量が少ない
 硅肺病の原因となる遊離シリカの発生源、シリカSiO2の含有量が、硅砂の場合95~98%と非常に
 多いのに対し、ストロライトはわずか2%と健康に安全な研掃材です。

●跳ね返りが少なく作業性が良い
 ストロライトは、硅砂と比較して粒子の跳ね返りが少なく、タンク内作業での写真撮影も可能。
 作業員同士が確認できるため、高い安全性を保つことができます。

●廃棄物が少なく環境にやさしい
 ストロライトは比重が大きいので、硅砂に比べて使用済み廃棄物の量が3分の2以下で済みます。
 また、有害物質を含まないため、使用後の廃棄が容易です。

●使用量が少なく能率的
 硅砂など他の研掃材に比べて使用量が少なく、極めて効率よく作業できます。
 特にニュースチールのミルスケールの剥離や薄膜の作業で格段の性能を発揮できます。
 


■シリカと珪肺病

サンドブラスティングには、通常「硅砂」が用いられますが、これを被加工物に吹き付けると、砂は衝撃で粉砕されて微粉化します。
特に1~10ミクロン程度のものは、人間の肺に侵入沈着し、ある一定量を超えると発病の恐れがあるといわれています。
これが「珪肺病」といわれ、鉱山労働者や石工に多い病気ですが、ブラスト作業の場合も同様と考えられます。
欧米では、このような安全衛生の観点から、ある粒径以下の細粒使用を禁止しています。

砂が人体に悪影響を及ぼすのは、その主成分であるSiO2(シリカ)ですので、このSiO2を極力抑えることが望ましいこということになります。
このSiO2を抑えることができるという点が、ストロライトの大きな特徴です。

ストロライト(十字石)研掃材を代表するスターブラスト(デュポン社製品)を取り上げてみます。

上記図のように、ふるい分けによる1回投射後の粒度分の変化を見てみると、ふるい目の都合で77ミクロンで行いましたが、これを通過して
PANに残る量で比較すると、硅砂では40%を超えるのに対し、ストロライトは13%程度でおさまります。
その中で、遊離シリカの量を推定すると、シリカを95%含む硅砂の場合は38%、ストロライトの場合は0.52%となり、硅砂と比較すると
極端に少なくなります。

ストロライトは、遊離シリカの量を大幅に抑えることができるので、安全でクリーンな研掃材ということになります。


■粉じんと環境安全

遊離シリカによる珪肺病の問題は、ブラストしている作業員自身には、それほど重大ではありません。
彼らは清浄化した空気を吸入できるエアーラインマスクを常用しているからです。

問題なのは、ブラストをしている近くで他の作業をしている人や近隣周辺の人々への影響や迷惑です。
漂いだした粉じんをまともに吸入してしまう恐れが多いのです。
この観点から、当社は遊離シリカが少ないスターブラストをお勧めしています。
自然と環境にやさしい企業イメージづくりに努めておられる先進企業の皆様に是非採用して
いただければ幸いです。

ストロライトは、遊離シリカよりさらに大きめの粉じん問題もクリアしています。
ストロライト(十字石)は、硬度(6.5~7.0)と靭性に優れ、比重も真比重3.5、嵩比重2.3であり、
硅砂に比べて粉じんの沈降がはやいのが特徴です。

当社のガス球形ホルダーの現場実績では、防音シートで外周を囲った密閉式でしたが、15分程度で十分
見通しがきく状態になりました。
これは、発生する粉じんが少ないことと、硅砂より比重が大きいことによるものです。

ストロライトの粉じん発生量が少ない理由として、以下の特徴があげられます。

・シリカ含有量が少ない。(1%以下)
・角ばった硅砂に比べて、粒径が均一で丸みがある。
・硬度が高く、靭性がある。摩耗・粉砕に強い。
・硅砂に比べて使用量が少なく、粉じんも少ない。

アスベスト、有機溶剤、塗膜中の鉛、そして珪肺病の原因となる遊離シリカは、公害問題の四悪と呼ばれています。
中でも遊離シリカは日本ではそれほど取り上げられませんが、欧米では規制されており、環境の安全・衛星の面から
もっと取り上げられるべき問題です。
しかし、ミルスケールや塗膜剥離には、現在のところサンドブラスティングが最上の方法であり、その遊離シリカの
低減抑制をはかることが急務であると考えます。
そうした状況のもとでは、ストロライト研掃材の果たす役割は極めて大きいといえます。